« 所変われば | トップページ | クライマックスシリーズ »

2008年10月17日 (金)

間違いだらけのGoogleマップ

Googleマップ」。初めて行く場所の確認や、知らない土地の確認などで多くの方が使われたことがあるかと思います。「航空写真」は、TVで事件現場などを説明するのに使われたりするほどの人気です。

そして、都市部の「航空写真」では、人影まで確認できるほどの高解像度でちょっと恐い気もします。

特に、最近公開されるようになった「ストリートビュー」では、人の顔や車のナンバーまで分かるなどプライバシー問題にも発展するような怖さがあります。

さて、この便利で恐いGoogleマップが間違いだらけなんです。

それは、Googleマップの「地形」にあります。

地図のクレジットは、ZENRINになっていますが、ほとんどの地名がローマ字表記だけなので、どこか海外の地図を使用しているものと思われます。

ローマ字表記ミス、位置のミス、あり得んような場所にあり得んような地名・・・

これらのミスには、腹が立つというか、呆れてしまうほどの酷さです。いくらインターネットで無料で公開しているとはいえ、これはないやろうという感じです・・・

ただし、なぜか東京と神奈川だけはかなり手が加えられているようで、ほとんどミスはないようです。

まぁ、とにかくこの「地形」でよく知った場所を見てみて下さい。

さぁ、あなたはひとつの画面でいくつの間違いを発見できますか?

人気blogランキングへ。いつも応援ありがとうございます。
皆様の投票をお待ちしております。

« 所変われば | トップページ | クライマックスシリーズ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

航空写真だけ見てると気が付かないですが、道路など地図のコンテンツと重ね合わせて見ると 30 m ぐらいずれてる地域があるんですよね、Google Map。大都市部は良さそうなんですが、そこから外れるとずれていたりします。

心理歴史学者さん、コメントいただきありがとうございました。

>航空写真だけ見てると気が付かないですが、道路など地図のコンテンツと重ね合わせて見ると 30 m ぐらいずれてる地域があるんですよね

>

そうそう、そうなんですよね。

googleマップ、そのまま鵜呑みにしない方がいいかもですね。

グーグルマップで新潟県長岡市寺泊新長に草薙神社の

記載がありますが、これは諏訪神社の間違いです。

草薙神社は隣の寺泊小豆曽根にあるべき神社です。

竹内 登 様

コメントを頂きながら、その公開と返事が大変遅くなり申し訳ございませんでした。

なるほど、そのような細かな間違いはまだまだ一杯あるんでしょうね。

間違いと知らなければ、それを信じてしまいがちなので、これからは注意しなければいけないと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 所変われば | トップページ | クライマックスシリーズ »