« セ・リーグ来シーズンの試合日程決まる | トップページ | 赤星選手現役引退 »

2009年11月15日 (日)

蘇る

自宅で使用しているノートパソコンの起動時に「fan error」なんて、メッセージが出て起動できなくなることが、3カ月程前から度々ありました。

その時は、電源を入れ直せば起動できるのですが、最近ではその頻度が上がってしまいました。丸6年使ってますが、普通に使うなら十分使用に耐えうる処理速度とハードディスク容量(取り替え済み&外付け)があるので、買い換えるのは勿体なすぎます。たかが、CPUファンの寿命です。

ネットで調べると、やっぱりありました。

レノボ社ThinkPadの場合、パーツを購入し自分で交換することが出来るんですよ。以下がその方法です。

1.レノボ社の日本でのサポート代理店である、日本アイ・ビー・エムに電話。
  日本アイ・ビー・エム株式会社 部品販売 043-350-8607

2.機種と該当するパーツの型番を伝える。

3.在庫の有無、値段、振込先などが伝えられる。

4.代金を振り込み、その証明書と申込書をFAXor郵送。


今回の場合、掛かった費用は3,528円(ファン2,860円+送料500円+消費税168円)、申込から配達まで3日間(振込の翌日に発送)でした。

また、3カ月の保証もついてます。


もちろん、自分でパーツを交換する必要がありますが、その方法はホームページで丁寧に書かれているので、ドライバーを使える人なら簡単に出来ます。

さすがは、ThinkPad!

操作性は良いし(キーボードがノートなのに使いやすい)、サポートも充実しています。


CPU:PentiumM 1.3GHz
メモリ:1GB
HDD残容量:60GB

使用6年、まだまだ現役で使えます。


人気blogランキングへ。いつも応援ありがとうございます。
皆様の投票をお待ちしております。

« セ・リーグ来シーズンの試合日程決まる | トップページ | 赤星選手現役引退 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« セ・リーグ来シーズンの試合日程決まる | トップページ | 赤星選手現役引退 »