« やっぱり、見いひんかったら良かった | トップページ | 放送大学 »

2010年8月22日 (日)

原稿執筆で新しい発見

来年の3月に発行予定の、ある事典の原稿執筆依頼を請け、昨日(8月21日)完成させました。締め切りは、今月末ですが、今月中にやるべきことが他にも色々あり、ちょっと早めの仕上げです。

今回の執筆では、自分の専門分野に近い内容を50項目程度、執筆することになりました。

原稿料は、現物支給(その事典1冊→予価4,200円)、印税は編集元に入る?(多人数による共著のため、各執筆者に印税を分配出来るほど入らないため)と、お金にはならないものです(事典などの出版は、これが一般的なのかな?)。

しかし、初めて聞く用語やちょっと勘違いしていた用語などがあり、それを改めて知り、勉強出来たということは、大きな成果だと思ってます。

それにしても、一体何人位がこの事典の執筆に携わっているのかな?

自分の担当項目数と推定全項目数からすると、30~40人程度と推定してるんですが。


人気blogランキングへ。いつも応援ありがとうございます。
皆様の投票をお待ちしております。

« やっぱり、見いひんかったら良かった | トップページ | 放送大学 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

気象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱり、見いひんかったら良かった | トップページ | 放送大学 »