« 放射線、放射能の単位について(その3) | トップページ | 放射線、放射能の単位について(その5) »

2011年4月15日 (金)

放射線、放射能の単位について(その4)

[2-4]吸収線量を現す単位

吸収線量とは、物質1kgに与えられたエネルギー量のことで、表記は[グレイ(Gy)]、もしくは[ジュール毎kg(J/kg)]です。1G = 1 J/kg

また、ラド(rad)という単位もあります。1 rad = 0.01Gy = 0.01J/kgです。

環境中の線量率として、ナノ・グレイ毎時(nGy/h)という単位が使われている場合がありますが、例えば、50nGy/hは空気1kgが1時間当たり10億分の50ジュールのエネルギーを吸収することに相当します。

« 放射線、放射能の単位について(その3) | トップページ | 放射線、放射能の単位について(その5) »

エネルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 放射線、放射能の単位について(その3) | トップページ | 放射線、放射能の単位について(その5) »