« 放射線、放射能の単位について(その4) | トップページ | 江の島 »

2011年4月15日 (金)

放射線、放射能の単位について(その5)

[2-5]実効線量、等価線量を現す単位
そしていよいよ、お馴染みの単位、マイクロシーベルトのお出ましです。

人体がγ線によって被曝した場合とα線によって被曝した場合では、同じ吸収線量でもα線による被曝の方が、強い損傷を受けます。


このように人体への影響を加味した線量を実効線量(全身被曝)、等価線量(組織ごとの被曝)といいます。

表記は何れも[シーベルト(Sv)」で、レム(rem)という単位もあります。1 rem = 0.01 Svです。

なお、対象とする放射線がγ線の場合、実効線量と吸収線量は等しい値(1マクロシーベルト(μSV)=1マイクロ・グレイ(μGy)となります。

【等価線量には、1cm線量当量、3mm線量当量、70μm線量当量の3種類があり、人体の表面からそれぞれの深さにおける等価線量のことです。1cm線量当量は眼と皮膚以外の臓器および組織に対する線量当量、3mm線量当量は眼の水晶体に対する等価線量、70μm線量当量は皮膚に対する等価線量です。今回の事象のように環境中の放射線量の場合も、実効線量として1cm線量当量が用いられています。】


参考文献:
「放射線概論」、通商産業研究社
「絵とき 放射線のやさしい知識」、オーム社
「新ラジオアイソトープ 講義と実習」、日本アイソトープ協会編 他

人気blogランキングへ。いつも応援ありがとうございます。
皆様の投票をお待ちしております。

« 放射線、放射能の単位について(その4) | トップページ | 江の島 »

エネルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 放射線、放射能の単位について(その4) | トップページ | 江の島 »