« 2020年8月 | トップページ

2020年9月の3件の記事

2020年9月19日 (土)

インターネットでの国勢調査回答

インターネットで国勢調査回答完了!

多くの人は、簡単に終わるんでしょうけど、私の場合は、簡単にはいきませんでした。

<その1>
「教育」に関して、私のように一度大学を卒業して、現在、別の大学に在籍している場合は、「在学中」か「卒業」なのか?質問に最終学歴と書かれていれば、「大学卒業」となるんでしょうけど、そのようには書かれていなかったので、「大学在学中」としときました。

<その2>
「就労者」に関して、私の事業内容や仕事の内容を簡単に説明できなくて、いつも困ってしまいます。 簡単にいってしまえば、「サービス業」、「技術コンサルタント」でしょうけど、質問には「くわしく」って書かれているので、それでは許されないですからね。

2020年9月13日 (日)

保湿クリームは、油汚れ落とし剤

自転車を整備したときなど、手が油で黒くなってしまいますよね。この汚れって、石鹸ではなかなか落ちないものです。

しかし、この汚れを簡単に落とす方法があることを知りました。

なんと、汚れた部分に保湿クリームを塗ると、簡単に落ちるそうです。さっそく試してみると、すごい!いとも簡単に落とせるではないですか!
Img_3119
試してみた保湿クリームは、これ↑↑↑。

そのことが書いてあったのは、「糖質制限が人類を滅ぼす」の著書でも有名な夏井睦医師の「患者よ、医者から逃げろ その手術、本当に必要ですか? 」(光文社新書)です。

この本によると、自動車整備工場の人にはよく知られていることで、一部のサイクリング愛好家にとっても、常識だそうです(私は知りませんでした)。レンジ周りの掃除に使う人も多いとか。

なぜ、保湿クリームで油汚れが落ちるかは、上記の本を読んでみてください。

2020年9月 2日 (水)

かなとこ雲と僧帽弁

ここ数日で「かなとこ雲」がトレンドワードになったかも知れませんが、「カナトコ?何それ?」ですよね。
1997080420518

私も金床(鉄床)の実物を見たことがないですから。

なのにエラそうに「かなとこ」、「カナトコ」、「金床(鉄床)」って連呼する。いかんです。

積乱雲の上が平らに広がった雲を「かなとこ雲」って呼ぶんだと覚えるしかないですよね。

ところで、同じような用語が人の身体にもあります。
心臓にある「僧帽弁」、肩にある「僧帽筋

どちらも下が尖ったような三角形をしてるんですけど、専門家の先生が説明するときに、だいたい「僧侶の帽子に似ているから、その名が付いた」って説明をします。

お坊さんって、帽子をかぶってたっけ?
真っ先に思い浮かんだのが、虚無僧のあの竹籠みたいなやつ(^。^)。

って、ぜんぜんちゃうやん・・・

本当は、カトリック教の司教がかぶる帽子の形に似ているからだそうで・・・
説明してる先生も、ちゃんと知ってるのか知らないのか、中途半端な説明は、あきまへん。

そして、こんなのを発見!
耳寄りな心臓の話(第38話)『僧帽弁は法王の冠』(日本心臓財団)
なるほど、僧帽弁(mitral valve)と僧帽筋(trapezius)の由来は違うようです。英語では、ちゃんと使い分けてるんですね。

それを日本語でどちらも「僧帽」とは、ややこしい。

« 2020年8月 | トップページ